2013年

9月

06日

〈BD〉ドーハからの便り

ナインボール世界選手権会場風景 撮影by土方隼斗
ナインボール世界選手権会場風景 撮影by土方隼斗

 

 

昨日は銀座のあちこちに行きました。

 

銀座なんて普段全然行かないんですが、

 

ビリヤードが取り持った縁だけで4箇所も巡りました。

 

その話は明日以降に。

 

…………

 

昨日のブログでも書きましたが、

 

土方隼斗プロ(JPBA)が、

 

カタールのドーハで行われている

『ナインボール世界選手権』の

ステージ1(現地予選)を突破しましたね。

 

本戦(ステージ2)プレイヤーになりました。

 

これで本戦に出るJPBAプロは赤狩山幸男、大井直幸、

羅立文、川端聡、青木亮二、土方隼斗という6名です。

 

※そして、今ちょうど栗林達プロと

宮田洋プロがステージ1の決勝戦を撞いています。

7人目のJPBA勢になれるかどうか、注目です。

 

この面子は…………強いでしょ。

 

他国のプレイヤーに対して、

 

「お、キミ、なかなか撞けるねぇ。

ちょっとウチの選手とやってみないかい?」

 

と言いたくなっちゃうような顔ぶれです。

 

なんだか気が大きくなりますね。

これが同胞意識ってやつなんですかね(違うか)。

 

…………

 

さて。

 

ステージ1を突破した

その土方隼斗プロ本人から現地の写真を頂きました。

 

まずはステージ1の会場風景(上の写真)。

 

広いですねー。

 

どうやらここで本戦もやるようです。

 

ちょっとご本人に話を聞いてみましょう。

 

――ステージ1通過、ナイスです!

ジャパンオープンからの勢いが衰えませんね。強い!

 

いやー。強くなってるみたいです(^^)

 

――ステージ1とステージ2、同じ会場を使うんですか?

 

「はい、会場は一緒です!

 

だから昨日は決勝戦で)負けたんですが、

 

今日もここで撞けたので良かったです(笑)」

 

テーブルコンディションを掴めるので)

 

――ステージ2への意気込みを!

 

「自分のビリヤードをするだけです。

そしたら結果は付いて来ると思います!」

 

…………

 

そんな隼斗プロですが、

 

会場風景と一緒に送って下さった別の2枚の写真が

ちょっとお茶目です(下写真)。

 

「ホテルの部屋から撮ったものです」とのこと

なんですが、

 

ほぼ同じ構図で、昼と夜の2バージョンあるという。

 

そんなところに心の余裕を感じてしまうB.D.です。

 

隼斗プロはステージ2に残ったので、

この光景を見続けることになるでしょう。

 

この部屋に滞在するのが長ければ長いほど良いですね。

 

…………ところで。

 

未だにドーハとカタール、どっちが国名で

どっちが都市名か、毎回混乱してしまうのですが、

 

それは僕だけでしょうか。

 

ホテルの部屋から撮影したドーハの風景・昼 by 土方隼斗
ホテルの部屋から撮影したドーハの風景・昼 by 土方隼斗
ホテルの部屋から撮影したドーハの風景・夜 by 土方隼斗
ホテルの部屋から撮影したドーハの風景・夜 by 土方隼斗