2013年

8月

31日

〈BD〉頑張っペ東北! 盛岡編

左から有田、中島、赤狩山のJPBAプロ達
左から有田、中島、赤狩山のJPBAプロ達
BRIDGE店内
BRIDGE店内

 

揃いの赤のポロシャツで。

 

「一緒にビリヤードしましょうよ!」

 

とプロ達が言う。

 

…………

 

赤狩山幸男、有田秀彰、中島美秀の

3名のJPBAプロが東北地方を回っています。

 

彼らが昨年も行った、

「頑張っぺ東北チャリティー訪問」です。

 

29日が仙台の『プールウェブ』で、

30日が盛岡の『BRIDGE』で、

31日が山形の『B-Life』です。

 

僕は昨日、つまり30日から合流しています。

 

そして、人生初の盛岡へ。

当然『BRIDGE』さんも初。

 

有田プロも中島プロも同じく初で、

カーリーだけが3度目(?)のようです。

 

テーブルはブランズウィックばかりで10台。

 

とても雰囲気が良く、

ビリヤードを愛するスタッフとお客さんが

作り上げているお店だと感じました。

 

お客さん達はとてもお安く

この3名のプロとゲームをすることができます。

 

テンボールかナインボールの3ゲーム先取。

いわゆる「チャレンジマッチ」というヤツです

(短めではありますが)。

 

または15〜20分ほどのレッスンを受けることもできます。

 

「お世話になった東北地方のビリヤード場に行って、

できる限り多くの人とビリヤードを通じて触れ合いたい」

 

彼らが自分たちで考えた、

東北ビリヤード界の復興支援の一つの形です。

 

…………

 

プロ3名と僕、合わせて4名の拠点(宿)は

仙台にあり、

 

昨日は仙台でレンタカーを借りて、

 

岩手の観光スポットに立ち寄りつつ、

盛岡入りしたのですが、

 

車の中でどちらかと言えば

フニャッとしていたはずの3名のプロ達が、

 

車を降りた瞬間、シャキーンと背筋が伸び、

 

プロフェッショナル感全開で『BRIDGE』さんの

階段を上って行った姿が目に焼き付いています。

 

また、この3名は、『BAGUS』や

『有田ビリヤードスクール』で

日々多くのプレイヤーと接している

「チャレマ&レッスン」上手でもあります。

 

実に気持良くお客さんとビリヤードをするなぁ、

と感心してしまいました。

 

お客さんの側も、

積極的にプロにアドバイスを求めて、

できる限り多くのことを吸収しようとしていました。

 

プロ3名全員に

チャレンジする猛者も結構いましたよ。

 

下の写真は、

そんな意欲的なお客さんの様子を

ニコニコ顔で撮影していた

BRIDGEオーナーの赤坂さん。

 

いい写真、撮れましたか?

 

皆の様子を撮るオーナーの赤坂さん
皆の様子を撮るオーナーの赤坂さん

 

…………

 

さらにその下の写真はオマケ。

 

奥州の水郷と言ったらここ! という

日本百景の一つ、

猊鼻渓」(げいびけい)でのもの。

 

船頭さんが操る木舟に乗って

約90分の川上り&川下り。

 

ひんやりとした空気の中、

僕ら観光客を乗せた一艘の舟は、

 

岩壁の合間を縫って、

もやに覆われた川面を滑っていきます。

 

「幽玄」って言葉、

こういう時に使うんだなぁとわかりました。

 

奥深いぜ、東北。

 
幽玄
幽玄