2013年

8月

18日

〈BD〉第5戦決勝ラウンド直前! グランプリイースト・ランキング

第5戦開始前のGPEランキング1位は羅立文
第5戦開始前のGPEランキング1位は羅立文

 

JPBAの東日本男子プロツアー

『グランプリイースト』(GPE)。

 

早速現在のGPEランキングのTOP10を

写真付きでご紹介しましょう

(※第5戦前のものです)。

 

1位・羅立文 580ポイント
1位・羅立文 580ポイント
2位・赤狩山幸男 560ポイント
2位・赤狩山幸男 560ポイント
3位・井上浩平 500ポイント
3位・井上浩平 500ポイント
4位・菅谷慎太郎 500ポイント
4位・菅谷慎太郎 500ポイント
5位・照屋勝司 460ポイント
5位・照屋勝司 460ポイント
6位・鈴木清司 440ポイント
6位・鈴木清司 440ポイント
7位・土方隼斗 400ポイント
7位・土方隼斗 400ポイント
8位・塙圭介 400ポイント
8位・塙圭介 400ポイント
9位・内垣建一 400ポイント
9位・内垣建一 400ポイント
10位・高橋邦彦 380ポイント
10位・高橋邦彦 380ポイント

 

11位から20位は以下の通りです。

 

11 嶋野聖大 380

12 栗林達  360

13 水下広之 360 

14 山本久司 360

15 平野義典 360

16 西嶋大策 340

17 浦岡隆志 320

18 有田秀彰 320

19 鎌田啓之 320

20 虻川修  300

 

さて。

 

このランキングを見る上での

ポイントがいくつかあります。

 

●今年のGPEは全7戦ある

(昨日と今日で第5戦をやっている)

 

●毎戦、プロアマ合わせて100名超が参戦

 

●今年一度でもGPに出た

東日本の男子プロは79名いる

 

●ポイントの割り当ては以下の通り

 

優勝/220

2位/160

3位タイ/140

5位タイ/120

9位タイ/100

 

予選最終で敗退/80

予選最終の一つ前で敗退/60

参加ポイント/40

 

●ポイントが同点の場合、

最新のJPBA全国ランキングの高い方が

上位に来る(同着はない)。

 

●年間ランキングの上位3名にボーナス

(賞金と賞典など)が出る

※金額は原則的に非公表

 

●アマチュアはプロとは別の

「GPEアマランキング」がある

※これについてはまた追って

 

●GPEオフィシャルブログはここ

 

…………

 

ポイントの割り当ては、

知らなかった人が多いかもしれません。

 

仮に、今日の第5戦から

第6戦・第7戦と3連勝しちゃったりすると……

 

660ポイント獲得なので、

今Top 20に入っていない人でも

十分にトップランカーになれる可能性がありますね。

 

それと、GPEでは、

優勝者は次節の予選が免除されて、

決勝日のベスト16(9位タイ)からのスタートになる

(決勝ラウンドシードがある)のですが、

 

それがいかにおトクなのかがポイント上からも

わかると思います。

 

つまり、1回の優勝で、

220+100=320ポイント以上は確定ってことです。

 

単純に土曜日の予選に出なくて良いので、

丸一日体も空きますし、メリット大。

 

ただ、今回は、前節(GPE4)優勝の内垣建一プロが、

第5戦を欠場することが前もって発表されていました。

 

そこで、前節準優勝の赤狩山幸男プロが

繰り上がりでシード権を手にしています。

 

これは赤狩山プロ、とてもとても幸運です。

 

ここで彼のポイントと順位を見てみましょう。

 

第1戦で、予選最終一つ前で敗戦=60ポイント

※ランキング25位

 

第2戦で、5位タイ=120ポイント

※累計180。ランキング12位

 

第3戦で、優勝=220ポイント

※累計400。ランキング3位

 

第4戦で、準優勝=160ポイント

※累計560。ランキング2位

 

で。

 

第5戦で、予選免除で

9位以上が確定しているので、

累計660ポイント以上が確定しています。

 

風が吹いてきていますね、カーリーは。

 

…………

 

以上、GPEランキングの簡単な説明でした。

 

ランキング争いが目に見えて面白くなるのは、

第5戦が終わってからでしょうか。

 

いや、そう思えるのも

僕が業界サイドにいるからでしょうか。

 

最近、親しい人に言われたのですが、

 

「GPEを生で観ていても、

 

情報がクローズドになっていて、

 

知ることができる立場にいる人にとって

何でもない情報でも、

 

そうじゃない人にはとても

調べにくいものになっていると思う。

 

初めて試合を観るような人にとって

楽しく観戦するための情報が少なすぎじゃないかな。

 

それが例えばこのランキング。

 

目の前のカードが何位vs何位の対決がなのかが

わかりづらい。

 

GPEでは決勝ラウンドの試合会場で

ファンサービスとして勝者当てTOTOとかも

やっているけど、

 

それもランキングのあるなしで、

予想する楽しみも3倍ぐらい違うでしょう。

 

1年で全7戦もあるのであれば、

 

特に後半3戦ぐらいになると

ランキングも練れてくるし、

 

それを知った状態で

試合を観たいというファンは多いはず。

 

というか、スポーツならば

普通にあって良い情報でしょう」

 

……ということなんです。

 

もちろん主催サイドも

何もしていない訳ではありませんが、

 

少ない人数で告知宣伝まで

完璧にやりましょうというのは無理な話。

 

でも、そういう事情は

初めてプロの試合を観るような人には

関係ないといえば関係ない話です。

 

なかなか難しいところです。

 

なので、まず

B.D.でできることをやってみた次第です。

 

そうしたら……

 

とても自分が勉強になったのでした(^^)