2013年

7月

04日

〈BD〉日本ビリヤード、メダルラッシュ!?

インドアゲームズ・女子テンボールで銀メダル以上が確定の河原千尋プロ(JPBA) 写真:日本コーチ・前田氏
インドアゲームズ・女子テンボールで銀メダル以上が確定の河原千尋プロ(JPBA) 写真:日本コーチ・前田氏
インドアゲームズ・スリークッションで銅メダル以上が確定の竹島欧プロ(JPBF) 写真:日本コーチ・前田氏
インドアゲームズ・スリークッションで銅メダル以上が確定の竹島欧プロ(JPBF) 写真:日本コーチ・前田氏

 

韓国の仁川で行われている

インドアゲームズ』。

 

森陽一郎プロ(JPBF)が、

キャロムビリヤードの競技種目である

ワンクッション(バンドゲーム)で

銅メダルを獲得しました。

 

これに続けとばかり、

 

7/3の夜の段階で、

 

河原千尋プロ(JPBA)が、

ポケットビリヤードの女子テンボールで

ファイナル進出を決めています。

 

銀メダル以上が確定です。

 

しかも、韓国と台湾のトッププロ

(金佳映と周捷予)を倒しての勝ち上がり。

 

過去この大会で河原プロは、

'07年(マカオ)銅メダル

'09年(ベトナム)銀メダルがあります。

 

今日(7/4)のファイナルで、

ぜひ大会初の日本人ビリヤード金メダリストに

なってもらいたい!

 

(河原プロの以前のB.D.での

インタビューはここ

 

また、キャロムビリヤードの

スリークッションでは、

 

梅田竜二プロと竹島欧プロ(共にJPBF)が

準決勝進出を果たしました。

 

今大会では3位決定戦がないので、

この時点で両プロの銅メダル以上が確定です。

 

梅田プロは元世界チャンピオンで、

竹島プロは昨年のアジア選手権準優者です。

 

さすがの勝ち上がりと言えるでしょう。

 

ファイナルでの日本人対決に期待!

 

…………

 

……と、インドアゲームズ情報を気にしつつ、

僕は仕事で横浜『ハイランド』にいました。

 

店内は、

ビリヤードの国際大会があろうとなんだろうと

(ひょっとしたら、大会があることも知らずに)

 

思い思いにプレーを楽しむ人で賑わっていました。

 

ビリヤード場はそうやって今日も動いている訳で、

そのギャップというか別世界感もまた面白かったです。

 

インドアゲームズでのビリヤードが、

サッカーのワールドカップやオリンピックぐらい

スーパーなイベントだったとしたら、

 

ここにいる皆、

手を休めて試合速報を追うのかなぁ、

 

いやいや、

 

そもそも家でテレビで観てるよな、

などと想像してみたりして。

 

(インドアゲームズはオリンピックの

いとこみたいな大会ですが……)

 

さて。

 

しばらくして、

ポケットビリヤードのアマチュアトップ選手の一人、

酒井大輔選手が現れて練習を始めたので、

見学させてもらいました。

 

酒井選手は先日の『名人戦B級戦』に勝ち、

同『A級戦』への進出を決めています(大会は来月)。

 

それもあってか、

一人でローテーションを撞いていました。

 

「お見せするようなものじゃないっすよ」と

本人は笑っていましたが、

 

なるほど、こういうマイルールで

練習するのかと多くの気付きがありました。

 

というより、誰が見てようと全く気にせず、

よそ行きの球を撞くでもなく、

 

テンポもルーティンも乱れないというのが

トップ選手ですよね。

 

酒井選手、近くで見させてもらって

ありがとうございました。

 

なんとなく、酒井選手と河原千尋プロが

似てる気がするのは僕だけでしょうか。

 

爽やか、なんですよね。
プレースタイルもストロークも集中の仕方も。

 

うーん、

 

インドアゲームズがあったから

結び付けてしまっただけかな(きっとそう)。

 

それはそれとして。

 

実はこの時、

 

僕以外にもう一人、

酒井選手の練習をチラチラ観ていた人がいます。

 

それは…………

 

「B.D.で人気ナンバーワン」だということが

判明したあるプレイヤーです。

 

その正体は!?

 

明日へ続く(たぶん)。

 

酒井選手の練習風景atハイランド
酒井選手の練習風景atハイランド