2013年

7月

01日

〈BD〉新たな宅録プレイヤー登場!?

21歳のマークル選手が……
21歳のマークル選手が……
こんなショットをしています
こんなショットをしています

 

7月。ですか。

 

2013年もあと半年です。

 

頑張れ、俺。

 

…………

 

先ほど終わったJPBA西日本男子プロの

公式戦『GPW(グランプリウェスト)』の

第3戦では田中雅明プロが優勝しました。

 

いやぁ、巧い巧い「マチャアキ球」でした。

 

そして、韓国の仁川で行われている

『インドアゲームズ』では、

 

ナインボールで水下広之プロ(JPBA)が、

 

ワンクッション(バンドゲーム)で

森陽一郎プロ(JPBF)が勝ち進んでいます。

 

インドアゲームズはオリンピック系列の

国際総合競技大会なので、

 

メダル(入賞)には大きな価値があります。

日本選手団の健闘を祈ります。

 

…………

 

……と、試合の事だけで終わるのも

B.D.っぽくないので別の話題を。

 

昨日、Facebookで流れてきた動画が

かなりスバラシかったので、

ここでご紹介します。

 

(JBPA加藤啓之プロの投稿だったと思います。

ありがとうございます)

 

内容はプール(ポケットビリヤード)の

トリックショット。

 

(「アーティスティックプール」と

言っても良いでしょう。日本語では「曲球」)。

 

撞いているのはフィラデルフィアの21歳、

スティーブ・マークルというプレイヤーです。

 

僕も知らなかった人なんですが、

 

若いながらすでにトリックショットの

トーナメントやイベントなどで実績のある

「プロ」のようです。

 

(POISONキューがスポンサーについてますし)

 

約4分のyoutube動画、

ぜひ見てみて下さい(下にあります)

 

僕はこれを観て、

「妙にフロリアン・コーラーの動画に

似てるなぁ」と思いました。

 

この宅録感が。

 

コーラーも自室なのかガレージなのか

そんなような(生活感ある)場所で

いっぱい撮って、

 

youtubeにアップしてましたよね。

 

このマークルくんの動画もまさにそんな感じ。

 

(ほんと、短時間の動画で「スゴさ」を

見せられるトリックショットは

最高にyoutube向きなコンテンツです)

 

Facebookを見ると、

「コーラーとコラボレート・イベントを

やった」とも書かれていたので、

 

交流なり刺激し合いがあるのかもしれません。

 

で、撞いているショットの種類や方向性も、

コーラーに似ていますね

(動画の、矢継ぎ早な編集スタイルも)。

 

片やコーラー25歳、マークル21歳。

 

ワールドトリックショット界の未来が、

明るく感じられるではないですか。

 

(日本にもトリックショット専門の若手が

いたら、かなり需要があると思います)

 

独断ですが、

マークルくんがコーラーより勝っているかも、

と思えたのは

 

平撞き(マッセなどではない普通の撞き方)の

キュー切れでしょうか。

 

下の図、純粋な引き球ではなく

右ヒネリが入っていますが、

 

それでもなかなかできるもんじゃありません。

 

生で観たいですね。

 

……と、書いてみて、

やっぱりシメにコーラーのyoutubeを

観ちゃうんだよなぁ。

 

あれは衝撃的でしたね。

 

上がスティーブ・マークルの動画。

 

これを観てると、

やっぱりフロリアン・コーラーの映像も観たくなる……。

下がかの有名なDVDのトレイラー(予告編)です。