2013年

6月

11日

〈BD〉東急ハンズ渋谷店でビリヤード実演

奥が平林プロ、手前が後藤田プロ。写真はNEW ART提供(下も)
奥が平林プロ、手前が後藤田プロ。写真はNEW ART提供(下も)
ステキな看板というかPOPというか
ステキな看板というかPOPというか

 

日曜日のことですが、

 

東京・大森の『キャノンボール』で

行われた『GPE-4』を観る前に、

 

立ち寄った場所があります。

 

あの『東急ハンズ』渋谷店です。

 

一日中いても飽きないあのハンズです。

 

デートで行くと、

大抵男女がバラけてしまうあのハンズです。

 

そのハンズの、

 

回廊みたいな構造

(「スキップフロア」と言うらしい)になっていて、

一つの階がA、B、Cの3フロアに分かれていて、

 

今どこにいるのかさっぱりわからなくなる、

あの渋谷店です。

 

6/8、9、15、16という土日の4日間、

 

本物の9フィートテーブル(いわゆる「普通の」

サイズのポケットビリヤードテーブル)が

渋谷ハンズの6Aフロアに置かれていて、

 

ビリヤードの実演イベントが行われています。

 

実演をするのはJPBAの平林英里子プロがメインで、

他にゲストプロも来ます

(僕が行った日曜日のゲストは後藤田佳奈プロでした)。

 

キュー、キューケース、タップ、

チョーク、ボールなどのビリヤード用品も

売られています。

 

東急ハンズ渋谷店と

(ウェブサイトはこちら

 

ビリヤード用品販売の国内大手、

NEW ART(ニューアート)の合同企画です

(Facebookページはこちら)。

 

生涯ハンズ派(ロフト派ではない)の

ビリヤード人間としては、

 

どんな感じなのかなぁと気になった訳です。

 

なので、行って来たのですが……

 

ぬおっ! テーブル、だいぶ目立つ!

 

僕が行った時間はまだ正午ぐらいだったので、

お客さんはまだ少なめでしたが、

 

ヒラリン(平林プロ)によると、

 

「昨日だと、午後2時すぎぐらいから

かなり多くのお客さんが足を止めて見てくださいました」

 

とのことです。

 

ヒラリンとゲストプロはナインボールをやったり、

トリックショットをやったりしています

(トークしながら)。

 

土日に天下の渋谷ハンズの6Aに

ビリヤードのスペースができてるって、

とてもすごいことなんです。

 

通りすがりの人の網膜に、

一瞬でもビリヤードの光景が

インプットされたら嬉しいですね。

 

僕の知る限り、

 

15年ぐらい前から10年ぐらい前にかけて、

この渋谷ハンズでは、

 

キューなどのビリヤード用品が

普通に売られていたと記憶しています

(あと子供向けのおもちゃのビリヤードとか)。

 

その後、5年前ぐらいにチェックした時は、

ほとんどなかったんですよね。

 

代わりにスペースがどーんと広くなっていたのは

ダーツグッズでした。

 

最近はどうなっているんでしょうね。

 

日曜日にちょっと見てみたところ、

 

この特設スペース以外には

ビリヤード用品の棚はないようでした。

 

イベントの後もそのままビリヤード用品が

通常販売されていると良いですねぇ。

 

今週の土日(6/15、6/16)も

実演をやっているので、

 

関東にお住まいのハンズ派の方、

並びにビリヤード派の方、

 

渋谷ハンズの中をグルグル巡りながら

 

ビリヤードスペースを見てみるなんて

どうでしょうか。