2013年

5月

29日

〈BD〉「聞いてみた!」に宮下崇生プロをアップ!

宮下崇生プロ(JPBF)
宮下崇生プロ(JPBF)

 

告知です。

 

インタビューコーナー『聞いてみた!』に

宮下崇生プロ(JPBF)をアップしました。

 

先日の『全日本スリークッション選手権』で、

惜しくも準優勝だった宮下プロ。

 

大会優勝者インタビューは

僕もたくさんやってきましたが、

 

準優勝者のインタビューはとても少ないです。

 

だって、聞きづらいじゃないですか、

負けた理由なんて(笑)。

 

だから、ちょっとビビってたんですけど、

宮下プロはあっさり語ってくれました。

 

「いやー、全然ダメでしたね(笑)。

自分の内容がどソッポでした」と。

 

負け戦を振り返るインタビューとしては

意外なほど話が弾み、

 

それに乗じて色々聞かせてもらったんですが、

 

宮下プロがこんなに自分のことを

冷静に語る人だとは思っていませんでした。

 

でも、

 

日々一人での鍛錬と研究と検証が欠かせない

ビリヤードのプロを長年やっていくには

 

自己客観視は必要な資質なのかもしれません

(あるいは後天的に鍛えられるのかも)。

 

それと、右腕や背中の状態がそこまで悪いとも

思っていなかったです。

 

……という気付きがありつつ、

 

全日本スリークッション選手権のファイナルを

二人の当事者の観点から探る

インタビューシリーズは終わりです。

 

(船木プロのインタビューはココ

 

両サイドから見るって……面白いですね。

 

(会場でこのファイナルをじかに観られた方の場合、

そこに「自分」の視点も加わって3つになりますね)

 

…………

 

宮下プロとのやり取りの最後に、

こんなことをメールで聞きました。

 

「全日本選手権で、

 

自分らしさが出たと思えるショットを

覚えていたら教えて下さい。

 

それでテーブル図を作ります」

 

1、2時間経ってからの宮下プロの返信。

 

「今映像を観てみましたが、

たいした球を撞いていないのでお任せします」

 

でした。

 

それは困ったなーなんてことは微塵も思わず、

 

わざわざ時間を使って映像を観てくれた

ということが嬉しかったです

(ありがとうございました)。

 

……ということで、

 

インタビューの終わりの方にあるテーブル図は

僕が勝手に選んだものです。

 

「たいしてハードじゃなくない?」とか

「これを選ぶとはスリーをわかってないね」とか、

 

色んなご意見あるかもしれませんがお許しを。

 

そして、インタビューにもあるように

調子が上向いてきているという

宮下プロのこれからの活躍に期待しています。