2013年

5月

27日

〈BD〉「BBQ」ビリヤードブリッジクイズ

 

『大阪クイーンズオープン』は

夕川景子プロ(JPBA)が優勝でした。

 

USTREAMで少し観てましたが

強いですね〜。

 

夕川プロと言えば……

 

と、ここで回顧モードに入るのが

B.D.の常套手段ですが

 

(チャーミングな夕川プロだけに

エピソードは色々とあるんですが)

 

その前に、

 

やろうやろうと思ってすっかり忘れていたことを

思い出してしまったので、

 

夕川プロの話はまたの機会に譲ります。

 

…………

 

忘れていたこと。

 

それは標題の通りなんですが、

 

月初の『全日本3C選手権』で

決勝ラウンド進出者全員(16名)の

 

「ブリッジ」(キューを支える左手の形)の

写真を撮っていまして、

 

「このブリッジ、だ〜れだ?」と

マニアック極まりないクイズを

やりたかったのです。

 

自己満足の世界と言っても良いです、ええ。

 

全問正解してもプレゼントはありませんが(汗)、

 

お時間のある方、お付き合い下さればと。

 

まず、決勝ラウンドの16名は以下の通りです

(トーナメント表の枠順通り。敬称略)。

 

田名部徳之

小原満

萩原孝昌

宮下崇生

北谷好美

柏木淳一

竹島欧

甲斐譲ニ

 

鈴木剛

梅田竜二

森陽一郎

船木耕司

高橋朋隆

新井達雄

界敦康

小野寺健容

 

そして、写真は以下です。

 

写真左上から「1」「2」「3」……と

番号を付けてます

(クリックすると出てくると思います)。

 

さて、問題です!

 

それぞれ、何番の写真が

誰のブリッジでしょうか?

 

 

どうでしょうか。わかりましたか?

 

果たして全問正解できる人、いるんでしょうか!?

 

でも、こうやってブリッジだけを見ていても、

個人を特定するヒントって多いものですね。

 

それに、

 

スリークッション(キャロムビリヤード)の

世界がブリッジを通して色々と見えてきます。

 

まず、全員がスタンダードブリッジですね。

 

スリークッションでは、

手球の端をそれなりの力で撞くことが多いので

(上下左右のスピンをよく使うので)、

 

しっかりとしたブリッジが求められます。

 

オープンブリッジを使う頻度は、

どのプロもかなり低いと思います。

 

また、全員が白いYシャツです。

これは公式戦のドレスコードですね。

 

次に、16名中12名がグローブを着用しています。

 

ポケットビリヤードに比べたらだいぶ多いですね

(比率が逆転してるぐらいかも)。

 

大雑把に言いますと、

スリークッションでは

キューを突っ込むショットも多く、

 

ブリッジはがっちり組むんだけど、

シャフトはなめらかに滑らせなければなりません。

 

それでグローブを着用することになるんですが、

 

このグローブ、ご覧のように

色々な色や柄や文字のものがあります。

 

××プロと言えば○○色のグローブ、

というようにお馴染みの商品もあります。

 

また他にも、

 

指輪、腕時計、カフスボタン、

シャツの袖に入れられたネーム、

指の太さやブリッジそのものの形、

 

などがヒントになるでしょう。

 

ちなみに、

僕が以前から自信を持って答えられるのは

 

甲斐譲ニプロと梅田竜二プロだけでした

(グローブの色で覚えてます)。

 

今回、写真を撮りながら、

「このブリッジは誰々」と逐一メモを

取ってたんですが、

 

そうしてなかったら、とても僕も覚えられず、

完全な企画倒れに終わるところでした。

 

でも、やってみたら

意外と自分が勉強になってみたので、

 

女子プロとか、ポケットのプロとか、

海外のプロでもやりたいですね

(地味な企画であることはわかりつつ)。

 

さあ、肝心の正解ですが、

それはいずれ発表します。

 

……というか、

 

選手の名前をアルファベット順にして、

写真1からベベーッと対照すれば、

それが答えです(笑)。

 

一番目の黒のIBSグローブのブリッジは

「あ」で始まるプロです。