2013年

5月

06日

〈BD〉スリークッション全日本選手権

at 成増アクトホール
at 成増アクトホール

 

スリークッションの

『全日本選手権』の取材で東京・成増へ。

 

3年ぶりですね。

『成増アクトホール』が会場になるのは。

 

やっぱりいいなー、ここは。

 

この3年での変化と言えば、

 

僕が日頃利用している東急東横線の

渋谷駅が地下深くに潜り、

 

色んな地下鉄や私鉄と

相互乗り入れをするようになって、

 

なんと、横浜から一本で

成増まで行けるようになっていた!

(こないだの3月から)

 

……ということでしょうか

(ビリヤード関係ない)。

 

いや、でも。

 

収容人数500弱の規模のホールですが、

 

備え付けの座席があって、

そこから斜俯瞰(しゃふかん)で

ビリヤード台を眺められるという

この心地良さよ。

 

(僕は取材してるので、

そこにはいないですが)

 

輝く舞台の上で、

 

選手達が蝶ネクタイとベストという

正装で試合をするという、

 

古式ゆかしき儀式典礼感も、

この大会なら頷けるというものです。

 

ビリヤードに限らないですが、

「全日本選手権」と名乗る大会だけは、

 

ちょっとすまし顔で

ちょっと垣根を作っていて、

 

ちょっと非日常を気取っていてほしいと思うのです。

 

平たく言えば、

有資格者限定のハレの場で

あり続けてもらいたいのです。

 

…………

 

……という僕の勝手な想いとは切り離して、

 

以下に、あるプロの成増メモリーを。

 

「20年近く前、

 

僕が初めてプロのスリークッションの

試合というものを観たのが、

 

この成増アクトホールでした。

 

お世話になっていた小林伸明プロが

ちょうど全日本3連覇をしていた頃です。

 

昨年僕は初めて『全日本選手権』の

タイトルを手にしましたが、

 

会場はここではありませんでした

(『ビリヤード 小林』)。

 

『小林』も縁のある場所ですが、

 

やっぱりいいものですね、

このホールで撞くのは」

 

ディフェンディング・チャンピオンの

竹島欧プロでした。

 

ベスト8に進んだし、

連覇が見えてきてますぜ。

 

JPBF竹島欧プロ
JPBF竹島欧プロ