2013年

4月

24日

〈BD〉全関東の、少し裏側

小宮鐘之介選手
小宮鐘之介選手
小西さみあ選手
小西さみあ選手

 

先週末のアマチュア公式戦『全関東』の話。

 

シニア級(男子)では

小宮鐘之介選手・18歳が勝ち、

 

女子級では

小西さみあ選手・19歳が勝った訳ですが。

 

現場にいて「あ、どうしよ」と思ったんです。

 

小宮選手は髪留めを付けてプレーしてて、

小西選手はマスクをしてプレーしてたので。

 

さみあ選手なんて風邪ひいてて

箱ティッシュ抱えて場内を動いてましたから。

 

可愛いなぁ、と(笑)。

 

じゃなくて。

 

写真がね。どうするかなー、と。

 

そのまんまの姿を撮っても

よく顔がわからないし、

 

本人が望む写り方じゃない場合もある……。

 

そういうケースは

今までもまあまあありました。

 

マスクも髪留めも。

 

そんな時、僕は選手個人に対して

「なんだよ、面倒だなぁ」と思ったりはしてません。

 

これはホントに全く思ってない。

 

なぜって、本人だって不本意なはずだから。

 

大きくはない業界とは言え、

 

いえ、だからこそ、

 

メディアに写真が出ることの意味や

影響力の大きさは、

 

アマチュアと言えど、

トップレベルで活動している

選手本人はわかってます。

 

なので。

 

むしろこういう時こそ、

取材してる側の手腕とか熱意が試されるよな、と

思ってるぐらいです。

 

マスク姿のままでいいのかな? と。

 

ヌードを撮るカメラマンもこんな心境なんでしょうか。

 

「それを外させたい……!」と。

 

いやいや。話が変な方向に行ってるな……。

 

もう観て下さった方はわかったように、

 

B.D.のフォトギャラリーや

Web CUE'Sに提供させてもらった写真は

 

小宮鐘之介選手は髪留めナシ、

小西さみあ選手はマスクナシ、

 

になってます。

 

……ええ。

 

ご本人にお願いして、

 

試合の合間の時間を使って、

 

髪留めやマスクナシバージョンを

撮らせて頂きました。

 

こういうのは「ヤラセ」というのかどうか。

 

狭義で言えばヤラセですね。はい。

 

さみあ選手にはすごく恐縮されました。

 

「す、すみません、

私が風邪をひいたばっかりに」。

 

いえいえ、こちらこそ恐縮です。

 

1回で済ませりゃいいのに、

手際が悪くて2回もお願いしてごめんね。

 

鐘之介選手にも確認しました。

 

「髪留めアリの写真がメディアに載っても

いいですか? それともない方がいいですか?」

 

ご本人は

「できればない方が……」

 

ヨシ。では、ナシで撮らせて下さい!

 

ということで、ナシになってます。

 

いやぁ、僕、

頑張ってんなぁという話ですよ、

 

普段全く気を遣えないのに、

こんな時だけ色々と気を遣ってね。

 

はははは。

 

…………

 

そして……。

 

今。

 

両選手にはごめんさいを

言わせて頂きたいです。

 

「現場の裏側」と称して、

「アリ」の姿を載せていることを。

 

それが下の写真です。

 

ごめんなさい。

BDを嫌いにならないで。