2013年

4月

16日

〈BD〉続・Mezz Billiards Festival

 

日曜に幕張メッセで行われた

『Mezz Billiards Festival』の模様を

もう少し写真で振り返ってみます。

 

まず、千葉市美浜区にあるこの幕張メッセ、

東京ビッグサイトに次いで国内No.2の規模の

国際展示場です。広い!

 

 

展示ホールが11個あり、

この一つ一つのホールがまたとんでもなく

大きい訳ですよ。

 

今回はその内の一つ、

「7ホール」を使っての開催。

 

ビリヤードエリアはホール内の

1/6ぐらいのスペースだったでしょうか。

 

 

計13台の

ブランズウィックテーブルが並べられていて、

(この写真に写ってるのは6台のみですが

右側にもう一列あります)

 

あと1台、飛び地のように

ダーツエリア内に置かれていました

(JPBAプロと勝負ができるテーブルでした)。

 

今回は5人一組で争うチーム戦なので、

このメインエリアには選手達がたくさんいて

とても賑やかな感じ。

 

 

ホール内の残り5/6ぐらいは、

ダーツのスペースになってました。

 

ずらーっと並べられたソフトダーツマシーンで

アマチュアの大会が進行しつつ、

 

 

壇上では恐らくプロ同士の対戦が。

 

ダーツプロと言えば。

 

CUE'S誌にも過去2回登場してもらったことのある

ダーツトッププロ、星野光正さんと

久しぶりにお会いすることができました。

 

(「あっ、おぉーー!」と握手してくれたので、

なんとなく覚えてくれてた……と信じたい)

 

左:井上浩平プロ
左:井上浩平プロ

 

場内をぐるりと巡ってから

ビリヤードエリアに戻って試合を見たり、

プロやアマや関係者とお話しておりました。

 

本イベントは単発企画ではなく、

継続させていくものだということです。

 

主催側の方々(例えば、プロデューサーの

井上浩平プロやThe DayのK氏)からは、

かなりの熱意を感じました。

 

 

今回はMezzが冠スポンサーなので、

高橋邦彦プロ以下、多くのMezzプロが参加し、

イベントを盛り立てていました。

 

高橋プロに1ゲーム先取で挑める

チャレンジマッチがあったんですが、

 

若き女子トップアマ、小西さみあさんが、

ブレイクインからサクッとマスワリ。

高橋プロ、何もできず。

 

盛り上がってましたね、あの瞬間は。

 

「巧いわー」と高橋プロも太鼓判を押す

見事なプレーでした。

 

 

場内を眺めている時に、

やたら巧くて若くてカッコいい男の子が

いるなぁーと思ったら土方隼斗プロでした。

 

溶け込んでるし。

 

 

この写真は「リンク」チーム。

 

やっぱりお揃いのユニフォームを来てると

目立ちますね。そして、

とても「チームスポーツ感」が漂います。

 

ちなみに、プロやトップアマを

擁しているチームがかなり多く、

全体的なレベルは高かったです

(第1回もそうだったと聞きます)

 

なので、

ビギナー層はそんなに多くはなかったと思います。

 

 

そして、

 

夕方には、負けて会場を後にするチームが

増えて来ました。

 

写真は

「僕が9を外したから負けちゃったー」と

モチモチ悔しがるトップアマの持永隼史選手。

 

かわい……くはないっすな(笑)。