2013年

3月

29日

〈BD〉キューメーカー、アダムジャパン見学

アダム社の敷地内の桜、見事でした
アダム社の敷地内の桜、見事でした

 

打ち合わせと工場見学で

埼玉の『アダムジャパン』さんに

お邪魔しました。

 

創業43年の老舗キューメーカーです。

 

リーズナブルな普及価格帯モデルから、

デザインと性能を追求したハイエンドモデル

(国内で作っているのは主にこちら)まで、

 

たくさんの種類がありますが、

 

中でもトップブランドの

『MUSASHI』(ムサシ)シリーズは

かなり人気で、

 

完全オーダータイプですと

今は「3年待ち」(!)なんだとか。

 

そのMUSASHIキューの「ハギ」

(複数の木材を組み合わせる技法)を

 

長年担当されているベテランの職人

粕谷さんにも久しぶりにご挨拶。

 

僕の新しい名刺をお渡ししたら、

「じゃあ僕も」と名刺を下さいました。

 

あれっ、「ハギマエストロ」という

肩書きが書き加えられてますね!?

 

そう言うと、

粕谷さんは「ふふふふ」と笑うのでした。

 

その呼称、何の異論もございません(笑)。

 

新たな変化ということで言えば。

 

社屋の玄関入って正面に

大きな水槽が設置されていました。

 

たくさんのタナゴが悠々と泳いでいます。

 

聞けば、何名かのスタッフさんが

タナゴ釣りにハマっているようでして、

その釣果なのだそうです。

タナゴクラブです。

 

それにしても、

そんな水槽を玄関に置けるというのは、

なかなか寛大な会社に思えます。

 

高平社長「いやぁ、タナゴ釣り、

面白いんですよ。私もやりましてね」

 

しゃ、しゃちょうまで!?

 

納得。

 

ハギマエストロ
ハギマエストロ
製作途中のシャフト
製作途中のシャフト