2013年

3月

17日

〈BD〉台湾アムウェイオープン3

台湾のトゥさん。Photo : On the hill !
台湾のトゥさん。Photo : On the hill !

 

昨日のブログを

On the hill !さんが

見てくれてたのでしょうか。

 

一枚追加で写真を頂きました

(ありがとうございました)。

 

この人が、

台湾アムウェイオープンのボスであり、

 

台湾、いやアジアのビリヤード界の

トップである「トゥさん」です

(徐永輝さん。一文字目の漢字は少し違います)。

 

想像してたのと違う、と

思った方もいらっしゃるかも。

 

トゥさんは風格とか雰囲気で圧する

タイプのボスではなく、

 

自ら陣頭で非常によく動き、

その背中を見て、周囲や下が付いていく、

 

そんな人です。

 

日本の多くのビリヤード関係者が

台湾に行くとお世話になる方です。

 

名刺をもらうとびっくりします。

 

会社や団体の肩書きが20以上。

 

自身が代表を務める会社、

台北市の体育委員会関係の役職があり、

 

台湾ビリヤード協会の副理事の肩書きと

APBU(アジアポケットビリヤード連盟)の

理事長の肩書きもあります。

 

(元々、このトゥさんが

アジアビリヤード界の旗頭になった背景には、

日本ビリヤード界の功労者、

藤間一男さんの存在があるのですが、

 

それはCUE'S誌やWikipediaなどを

参考にされたし)

 

トゥさんは多くの台湾人からも

「トゥさん」と呼ばれています。

日本風に日本語で。

 

日本語がしゃべれて、

日本と仕事などで繋がりが深いので、

そうなっているのでしょう。

 

(もう一人、台湾のビリヤード関係者で

そういう方がいます)。

 

これが台湾全土的な

流儀なのかはわかりません。

 

でも、

台湾の人が唱える日本語の「トゥさん」には、

 

敬愛の念がたっぷりと溶け込んでいるように

感じられて、

 

横で聞いていて嬉しくなったことを

思い出します。

 

ちなみに

外国の人は「Mr. Tu」と呼びます

(これは普通か)。

 

また早くトゥさんにお会いして

色々なお話をしたいものです

(僕の20倍は忙しい人ですが)。

 

それにしても、この写真、

ゲンナマがっつりですね(笑)。

 

この辺り、亜熱帯の国らしい

ダイレクトな表現というか

大らかさというか。

 

メディアの誰かの演出かな?

 

似合わないなー、トゥさんに札束は(笑)。