2013年

1月

18日

完全分煙のビリヤード場

写真は東京・笹塚のMARS(マルス)
写真は東京・笹塚のMARS(マルス)

 

WEB CUE'Sに寄稿しました。

 

ビリヤード場と喫煙について

 

昨年末、

笹塚『MARS』と東中野『AZ.Place』という

2つの完全分煙のビリヤード場ができたので

タイムリーな話と言いますか。

 

CUE'Sにどんな反応が

届いているのか結構楽しみです。

 

しかし、減りましたねー、喫煙者。

 

去年の10月、

ビリヤード関係者や仲間、

16名ぐらいで食事をしたんですが、

喫煙者は1名か2名でした。

 

10年前なら正反対であっても

おかしくない。

 

最近はそんなことばかりです。

場に喫煙者「ゼロ」ってこともあります。

 

でもね、

仲間にもいますし、

顔見知りのオジサマのプレイヤーにも

いるんですが、

 

ビリヤード場で心底旨そうに

ゆったりと紫煙をくゆらせる人がいます。

 

もう顔が「旨い」と言っています。

 

喫煙OKなビリヤード場で、

その人が一般的な喫煙マナーを

守っている限りは、

 

周りも露骨に眉をひそめるようなことが

あっては、ちょっと悲しいなと思うんですね。

 

もう今時の喫煙者は、

散々他の場所で白眼視されてますから(汗)。

 

ただ、自分の撞き番で、

火を点けたままのタバコを

灰皿に置いていってしまう

上級者は頂けない(笑)。

 

ずっと撞きっぱなしなものだから、

隣で相手が燻製になる可能性大です。