2013年

1月

03日

続・写真のこと

ヤンさま(楊清順)は昔から好きな被写体。カッコよく撮れると相当気分が上がる。これはまだまだです……
ヤンさま(楊清順)は昔から好きな被写体。カッコよく撮れると相当気分が上がる。これはまだまだです……

 

写真の話、続きます。


こんな質問、よくされます。

「一日何枚撮るんですか?」。

 

トーナメントの取材なら200〜500枚。

男女共催ならその倍です。

 

「えっ、そんなに!」と

驚かれるんですが、半分は捨ててます。

 

ブレ、ピント外れ、露出(明るさ)ミス、

ダブリ、目つぶり……などをカットしていくと、

勝手に半分になってしまうというか。

 

ビリヤードは他のスポーツに比べると、

会場(ビリヤード場など)が暗いので、

どうしても手ブレなどのミスが出やすいです。

対応策としては数を撮るしかありません。

 

選手一人あたり15〜20枚撮ることを

最低限の目標にしていますが、

絵としての良し悪し以前の

上記のような問題で、半分残れば良い方です。

 

それを後でさらに

写りの良し悪しで半分に絞っていくので……

生き残るのは20枚中の5枚ぐらいです。

 

さて、一つの大会で

200枚〜500枚撮ると言いましたが

そのうち、圧倒的に多い写真(構図)

は何だと思いますか?

 

答えは「選手のプレーフォームの写真」です。

簡単でしたかね。これが8割。

 

あとは「立ち姿」が1割で「雑観」が1割。

 

プレーフォームはその選手の個性というか

トレードマークだったりしますから、

どうしても多く撮りますし、多く使います。

 

あと、「ああ、これは

ビリヤードをしているところだね」と

すぐにわかるので、

対ビリヤード業界外でも使い勝手が良いですね。

 

TwitterやFACEBOOKのアイコンに

自分のプレー写真を使っている人も

多くいるはずです。

 

「ビリヤード×自分」で絵作りを考えると、

多くの人がなんだかんだで自然と

プレーフォームに行き着きます。

 

あれはビリヤードを表す

一種の「記号」なんでしょうね。

 

ボウリングのフォロースルーの

ポーズと同じようなものかもしれません。

 

……以上、

何の得にもならない話で恐縮です。

 

また写真について書く時があれば、

「プレーフォーム、綺麗に撮られるコツ」

というテーマにでもしましょうか。

 

TwitterやFACEBOOKのアイコンなんて

キーワードも出ましたので。

 

撮影者の腕や機材以上に、

被写体側の工夫次第で

 明るくカッコいい写真を撮ることができるんです。

 

では、僕は写真整理の仕事に戻ります……。

 

L・V・コルテッザも好きなんだけど撮るのが難しい選手の一人
L・V・コルテッザも好きなんだけど撮るのが難しい選手の一人