2012年

12月

28日

振り返り記事

日本の6選手。左3が優勝した東内那津未プロ
日本の6選手。左3が優勝した東内那津未プロ

 

CUE'Sから依頼を受けまして、

拙文をWEB CUE'Sに寄稿しました。

 

師走ですからね。

恒例の振り返り企画です。

 

JPBF(国内スリークッション)に

ついて書きました。

よろしければご覧ください。

 

で。

 

その原稿を離れて、僕個人的な

「日本ビリヤード2012重大ニュース」

とはなんだったかと言いますと……

 

色々とありますが、一つ挙げるなら、

先月日本で初めて開催された

『スリークッション女子世界選手権』です。

 

理由:初めて尽くしの大会だったから

(日本勢が大活躍したのは言うに及ばず)。

 

この場所(霞が関ビル)で

試合が行われるのは初めてで、

僕が3C女子の外国人選手を観るのも初めて。

 

そもそも僕は

3C女子の国際大会を観るのも初めて。

 

そして、多分この規模の国際大会で、

入場無料というのは初めてかも……。

 

KOZOOMが初めて

日本でネット生放送を行い、

それに付随して、スコアボードや

タイム表示がかなりデジタル化……

というかTV番組っぽくなっていました。

 

見やすくてカッコ良かった。

 

お客さんも、

普段のビリヤードの大会とは

少し違う層が多かったというか、

きっと「初めて生でビリヤードを

観た」という人が多かったはずです。

 

お陰で僕も、久しぶりに

一般の人の視点を借りられたといいますか。

気付きの多い大会でした。

 

この大会運営のノウハウ、

後世に遺さないと勿体無いです。

誰かが書き留めたり、

誰かが語り継いだりしないといけない。

 

……ということで、

大会実行委員会委員長の梅田プロに

先日コメントをもらいに行きました

 

あらっ、

すっかり宣伝になっている(汗)。

 

でもまあ、その記事もそうなんですが、

あれもこれもまだ手付かずで…………。

 

嗚呼、年内には終わりません。

 

このブログでももっと過去記事

(2月〜6月が手付かず)を書きたいのですが、

一体いつになることやら……。

 

何度見ても良い会場ですね
何度見ても良い会場ですね
新井プロがビデオを回す姿……一体何枚撮ってるんでしょうね
新井プロがビデオを回す姿……一体何枚撮ってるんでしょうね