2012年

12月

05日

BAGUSという選択

宮益坂店のオシャレ吹き抜けテーブル
宮益坂店のオシャレ吹き抜けテーブル

 

渋谷や新宿で時間がポッとできた時、

僕は喫茶店や本屋やパチンコではなく

「ビリヤード場に行こう」と考えます。

 

そんな時の候補店筆頭がBAGUSです。

1hのプレー代とドリンク代で1,000円前後になりますが、

昼下がりのBAGUSはかなりリラックスできます。

 

まず店内の雰囲気が良くて清潔です。

ラシャの上以外は暗めというあの照明も良い。

フロアが広いので隅っこでコソコソできる(笑)。

 

また、テーブルコンディションと

ハウスキューのメンテナンスが最高レベル。

 

こういったクオリティやサービスの

対価として、ある程度の額を払うのは

むしろ当然とすら思えてきている昨今です。

 

以前の僕は安いパック料金や会員料金で

ガンガン撞きたいなーと考えるような、

どこにでもいるビリキチくんでした

(今もマイキューでがっつり撞く時はそうです(^^))。

 

でも、何かのついでというような時は、

安らげるお店を選ぶようになりました。

その点、BAGUSはどこの店舗も鉄板です。

 

あと、西尾祐プロを始めとするBAGUS所属プロと、

話をする機会が増えたというのもあります

(CUE'S11月号で西尾プロにインタビューしてます)。

 

西尾プロから大型店舗ならではの苦労話や

道具のメンテナンスの裏話などを聞くと、

ビリヤードに誠実だなぁと思います。

(専門的な余談ですが、BAGUSのハウスキューには

ブルータップが付けられているんですが、

その理由も「なるほど」というものです)。

 

実は長らくBAGUSには、

「普通のビリヤード場とは業種が違う」ぐらいの

イメージを持っていたんですけどね。

エンタメ業というか外食産業というか。

 

でも、最近は訪れたり、プロとしゃべるたびに

「気兼ねなく使える普通のビリヤード場っぽさ」を

感じている次第です。

 

ということで、この一週間で宮益坂店と新宿店に

潜入してきました。誰にも告げず、ロンリネス(笑)。

 

新宿店。壮観な眺め。アジアトップクラスだと思う
新宿店。壮観な眺め。アジアトップクラスだと思う
世界チャンピオン、カーリーに挑戦したり、教わったりできます
世界チャンピオン、カーリーに挑戦したり、教わったりできます