2012年

11月

11日

2個持ちの理由

カメラは高価なのでだいぶ時間差アリで買ってます。右が新機
カメラは高価なのでだいぶ時間差アリで買ってます。右が新機

 

週明けから約2週間、デカイ現場が続きます。

そう思ったら、

新しいカメラが欲しくなって買ってしまいました。

 

フリーになってからというものの、

カメラ1台で現場行くのが怖くなっていたので

2台体制にできて良かったです。

プロカメラマンじゃないのに……(笑)。

 

いやいや、カメラが主題ではなく。

 

ここ2、3年、服でも靴でも仕事道具でも、

「これ、いいな」というものを2つ持つことが

増えてきました。

 

稀少なものとか高価なものとか目立つものはムリですよ。

カスタムキューとかオシャレブランド服とかはムリ

(まあ、それは縁遠いですけど……)。

そして、2つ同時購入じゃなくて時間差はあります。

 

例えば、無印良品の白Yシャツを買って

気に入ったら、翌週もう一つ買いに行ったり。

ネット通販で評判の良い外付けHDDを買って、

気に入ったら、もう一つポチッとか。

 

なんだろうな、これは。

 

単純に気に入ったから予備が欲しい。

もう品質がわかってるから安心。

改めてマニュアルを見なくても良い。

なにより、次は何を買おうかと迷う時間をオミットできる。

 

そんな合理性が発揮されちゃったんでしょうかね。

じゃあナゼ、最近急にそうなったのか。

 

一言で言えば、

歳取って冒険しなくなったのか(笑)。

 

それも否めないですが、

最近は商品の仕様変更や販売中止の

スパンが早いですよね。

 

良いと思ったものを購入して使い切った後には、

同じモノはもう売ってないことがある

(いわゆる「ブランド」というのは、

その危険性が少ない上、壊れても直せるから

ブランドたりえるのだなと思い至りました)。

 

何度かそんな哀しい目に遭ったので、

「良いと思ったら即おかわり」

という発想になったのかも。

 

何が言いたかったかと言いますと。

 

昔から僕は職業柄、

私服勤務の部署やフロアばかりだったんですが、

そこに必ず一人は、年中同じ(に見える)服装を

貫き通している人がいたんですね。

せっかく私服OKなのに、ワンスタイル。

 

きっと同じ物を2つ以上持っていたんでしょうねぇ。

たぶん、それが好きだからという気持ちと、

合理性と、半々だったんじゃないだろうか。

 

その人の気持ちが少しわかった気がしました。