2012年

8月

29日

〈BD〉一日追っ掛け、西尾祐プロ

西尾祐プロ(JPBA)
西尾祐プロ(JPBA)

 

CUE'S誌の仕事で、

西尾祐プロ(JPBA)の

インタビューをしました。

 

単純なインタビューではなく、

「お仕事Dayに一日密着!」という企画っぽい感じで、

7、8時間は一緒にいたでしょうか。

 

あつーい一日でしたが、

西尾さんのホワイト・グレー・ブラックの

3種のトークが冴え渡り、

楽しく乗り切ることができました(笑)。

 

インタビューはぜひCUE'S11月号(2012年)で

読んでいただくとして、

 

取材をさせてもらった僕は、

 

つくづく西尾プロという人は

「ミスター・ビリヤードバグース」なんだな

と思いました。

 

今は(株)ダイヤモンドダイニンググループに

入っていますが、

 

それ以前の(株)バグース時代、

 

西尾プロは創業社長の中田氏に

「拾ってもらった身ですから」と言います。

2001年入社です。

 

中田氏がいたからバグースで

働き続けることができたのだと。

 

今、中田氏はバグースの経営から退き、

別の事業をやっているそうですが、

 

西尾プロは連絡を取っているとのことです。

 

そして、今もバグースにいる西尾プロは

 

「中田さんが離れた後でバグースがダメになった、

と言われるようなことがあったら顔向けできない」

 

その一念で、懸命に働いているのです。

 

…………

 

たぶん、西尾プロがバグースに入って間もない頃に、

 

僕はビリヤードに本気になりました

(その頃はビリヤード業界の仕事ではなかったです)、

 

そして、バグース道玄坂店にも遊びに行きました。

 

その時の話はここに。

 

客として来ていた側とバグースの内部にいた側と。

当時の僕は全く西尾プロの存在も知りません。

 

11年経って、

インタビュアーとインタビュイーという関係に

なっているとは、全く想像もつかない話です。

 

だから、楽しいんですけどね、

 

好きなものを仕事にし、取材をするというのは。

 

西尾プロ、暑い中長時間ありがとうございました。

 

…………

 

余談です。

 

上の写真の場所は新橋なんですが、

 

それこそ11年前に

僕は当時いた雑誌のロケで使いました。

 

まさかこの日、

ダイヤモンドダイニング社に向かう時に、

 

この場所(正確には区立センターの敷地なのかな)を

通ろうとは夢にも思いませんでした。

 

懐かしかったなぁ。

 

当時の上司にミスを咎められて

アーティストの見てる前で蹴りを喰らったという

思い出の場所です(笑)。

 

ブレイク練習中……
ブレイク練習中……