2012年

3月

04日

GPE-1その2

本戦会場のエックスフィールド
本戦会場のエックスフィールド

 

一夜明けて決勝ラウンドです。

場所は相模原の『エックスフィールド』。

 

結果から言いますと、

土方隼斗プロの優勝でした。

 

年をまたいでGPEで2連勝です。

 

僕が会場に着いたのは昼過ぎ。

 

会場ではもう

ベスト16が始まっていたんですが、

 

浦岡隆志プロの試合は凄まじかったです。

 

8ゲーム先取。vs井上浩平プロ。

 

僕が会場に入った時、井上7-0浦岡でした。

 

正直「これは浩平プロの勝ちだなぁ」と。

 

しかし、浦岡プロは1点1点、

着々と返していき、

 

なんと、0-7という絶体絶命の状況から、

大逆転勝利を収めました。

 

ゾクッときた。

 

井上プロがミスを連発した訳じゃなく。

 

撞き番も回って来ていましたが、

浦岡プロが仕掛けたセーフティが

しっかり効いている状況。

 

空クッションで当てるのが

やっとという配置ばかりでした。

 

浦岡プロも楽な配置を撞いていた

訳じゃありません。

 

しかし、入れ続けていた。

 

試合を投げず、難球からも逃げなかった

浦岡プロの精神力を称えるしかありません。

 

下の写真はそのベスト16戦での

浦岡プロ。

 

さらにその下は、

セミ・ファイナルで

ジャンプショットを放つ隼斗プロ。

……を後ろから覗き込む赤狩山幸男プロ。

 

で、一番下の写真は。

そんな赤狩山プロのグリップを

後ろから覗き込みました、ええ、僕が。

 

彼独特のあのしっとりした球質は、

この握り込んでないグリップに

秘密があると言って良いでしょう!

 

き、きっと……。

 

浦岡隆志、ベスト16にて
浦岡隆志、ベスト16にて
左:カーリー、右:王子
左:カーリー、右:王子
カーリーのしっとりグリップ
カーリーのしっとりグリップ